区市町村障害者就労支援事業 昭島市障害者就労支援センタークジラ

昭島市障害者就労支援センター クジラの紹介

「昭島市障害者就労支援センター」は、チャレンジド(障害者)の就労面の支援を主な目的とし、生活面を含めた総合的な支援を行うために昭島市より事業委託され、市内約20の福祉団体の協賛を受けて活動をしております。 対象者は障害種または、障害者手帳の有無に関わらず、「一般就労に関わる支援の必要とする人」としており、幅広くご利用いただけます。 就労支援に関する活動、ハローワーク・地域障害者職業センター・就労支援事業所との連携は元より、一般の企業や事業所に対しても積極的にアプローチし、各個人のニーズにマッチングするような職場開拓・職場実習・職場定着支援など細部に渡り支援を行って参ります。 また、生活支援に関わる活動は、関係機関・施設等と連携し、日常生活・職業生活・社会生活支援に加え、将来設計・自己決定に関する支援も行って参ります。 チャレンジドの就労とその定着は決して安易ではありませんが、その課程で抱える問題を一つ一つ解決し、チャレンジドが快く働ける場を提供できるよう支援してまいります。

ご利用いただける方

昭島市在住で何らかの障害があり、一般就労を希望される方

支援の流れ

ステップ 1
申込
働き場所を探している
働いているけど困っている
他で働きたい
ステップ 2
登録
電話かファックスかメールで予約をして下さい
・TEL/FAX 042-569-6433
・メール shurou-kujira@9jira.com
ステップ 3
相談
あなたのやりたい仕事
あなたが今までしていた仕事 あなたが困っていることや
悩んで」いること これからのことをあなたと一緒に考えます
ステップ 4
就職
あなたの輝かしい未来へ向けて

「クジラ」は

・障害者の就労支援と生活支援をする昭島市の支援機関です。

・雇用する側もされる側も良い関係を長く保っていくために
家庭・関係機関等とのパイプ役になり、職場と障害者を継続的に支援していきます。

相談日
時間
月~金曜日  8:45~17:15
第1金曜日   8:45~21:00
第3日曜日  10:00~16:00
(利用者の都合により上記時間外に対応することもあります)
利用対象者
昭島市在住で、一般就労を希望する身体障害、知的障害、
精神障害、発達障害者の方。障害者手帳の有無は問いません。
利用料金
無料
住所・連絡先
〒196-0003
東京都昭島市松原町3-6-7 アートヒルズ105
TEL042-569-6433 FAX042-569-6433
E-mail: shurou-kujira@9jira.com
http://www.9jira.com

就労支援の流れ

1 相談
(インテーク面接)
就労支援事業の説明・就労ニーズの確認
登録
ラポールの形成
2 アセスメント
基礎情報の収集
(本人、家族、医療、関係機関からの聞き取り)
職業評価
3 個別支援計画の作成
本人、家族、関係者等を含めたケース会議の開催
本人の同意
4 就職前訓練
清掃、サンプル詰め、ピッキング、メール仕分け、
事務補助等の作業
パソコン基礎スキル、ビジネスマナーの習得
5 求職支援
履歴書作成の指導、面接指導、
職場実習支援(実習先開拓、課題分析、アセスメント)
アセスメントに基づいた職場開拓、面接同行、
企業への障害理解の促進
6 雇用契約時の支援
労働条件確認、入社手続き助言
ハローワーク等、関係機関・家族との連絡調整
7 職場定着支援
(入職時)
ジョブコーチ支援
通勤支援、職場内実務支援(職務分析・課題分析)、
職場環境調整
家族・関係機関との連絡調整
8 職場定着支援
(退職までの継続支援)
ジョブコーチ支援
(定期的な職場訪問、不適応を起こした時の調整)
メンタルサポート(カウンセリング、余暇活動支援)
9 離職時における支援
退職手続き助言、公的機関利用手続き援助
モニタリング
再就職に向けての支援

支援内容の特徴

職業準備支援

利用者やご家族の希望、ご本人の障害特性、適正、力量の把握に十分な時間をかけ、必要に応じた就職準備訓練を行います。

就労支援プログラム

障害特性を理解し、アセスメントに沿って、利用者一人ひとりに応じたオーダーメイドのサポートを提供しています。

本人・企業に対する職場定着支援

1.職場内でのジョブコーチ支援を行うほか、利用者が安心して働けるように不安の解消、
  職場での対人関係の相談などの支援をします。

2.企業に対して障害者に関わる知識、職務内容の設定、人的環境、物理的環境の調整
  などについて助言、提案をさせていただき、利用者の職場定着への支援を行っています。

3.定着支援は企業、利用者が必要とする限り退職まで行います。

生活支援

1.健康管理、金銭管理等に関する相談、助言を行うとともに日常生活リズムの
  調整を図ります。

2.悪徳商法やキャッチセールスについての教育、被害を被った時の援助等、利用者が
  安心して暮らせるような支援をしています。

3.公的年金の申請、福祉サービス利用等の援助を行います。

4.対人関係に関する不安や悩みを解消するためのカウンセリングを行っています。

5.当事者同士の交流会を行うなど自主的な活動の支援をしています。

ページの先頭へ戻る


10周年記念誌

制作協力:株式会社キユーピーあい